キャッシング審査

審査で落とされることの実害

消費者金融等の貸金業者でキャッシングをする際には、必ず借入審査を通過する必要があります。審査を通過しなければびた一文借入をすることは 不可能です。しかも借入審査で落とされてしまうと、信用情報機関の個人情報に「審査不可」の履歴が登録されてしまいますので、今後他の業者の審査にも影響が及んでしまいます。 その上、借りれるものと期待していた矢先の審査却下の通知は、大きな精神的苦痛を伴うことに帰結します。

一旦借入審査で落とされてしまうと、次の融資先を探すにしても「また落とされてしまうのでは」といった疑心暗鬼に陥ってしまい、次の行動に移せなくなってしまうこともあります。 数打てば当たるのは猟師だけで、貸金業者へ闇雲に申し込んだところで泥沼にはまってしまうことになってしまうことに成りかねません。以上のことから、借入審査で落とされることは絶対回避しなくてはならないのです。

確実に審査に通るには

確実に審査に通るためには「決して高望みはしない」ことが重要となります。誰しも同じキャッシングをするなら、信用力の高い大手銀行カードローンを利用したいと考えます。しかし、実際大手銀行カードローンを利用できるのは借入件数3件以内の健全者なので、それ以上の借入がある方は対象外です。そういった方は自らの背丈に会った借入先(中堅ローン会社)を利用することで問題は解決します。こういった選択を誤らなければ、審査に通る確率も高くなってくるはずです。

自分がどの金融業者であれば借りれるのが分からない人は、匿名で審査が受けれる「匿名審査」を申し込んでみましょう。そうすれば、自分の借入状況でどの金融業者であれば審査に通るか理解できると思います。

大まかに表現すれば、現在の借入件数が3件以内であれば大手銀行カードローン、借入件数が4件以上6件未満であれば中堅消費者金融、それ以上の借入件数がある方は中小以下の零細小規模金融会社となります。ただ、この種の零細業者の数は近年急激に減少しておりますので、探すのは容易ではないと思います。

零細業者の推移

サイトの概要情報